トップページ > ワークショップ八代 > 施設紹介

 施設紹介

 社会就労センター ワークショップ八代 の施設紹介

社会就労センター 「ワークショップ八代」 とは

ワークショップ八代

 心や体に傷を負い、暮らしに不自由さが残る人々が、仲間と一緒に笑いたい・働きたい・家族と楽しく暮らしたいと願う人たちの希望を、具体的な形でお手伝いするのが 社会就労センター ワークショップ八代 です。
 多機能型サービス提供事業所として各種のサービスを通して、障がいのために上手くできなくなった方々の生活と働くことと通じて、社会参加と就労を支援します。

「ワークショップ八代」 の提供するサービス

 社会就労センター 「ワークショップ八代」は、八代市・宇城市・芦北町・氷川町にお住まいで、「障害福祉サービスの受給者証」をお持ちの方で、「企業で働きたい方」、「体調に合わせて働きたい方」、「自立して地域で暮らしたい方」などの希望をされる方を対象に以下のサービスを提供しています。

1. 就労移行支援事業サービス

 パソコンの技術取得や、事業所内での作業、協力企業での実習を体験し、一般企業や就労継続支援A型事業所への就職を目指します。

2. 就労継続支援B型事業サービス

 生うどんや乾素麺などを製造する製麺作業、うどん店:「麺処 田んなか」における店舗作業、ヤマハの船外エンジン部品の加工作業を通して、高い作業工賃を得ることができるよう自分に合った働き方を探します。

3. 自立訓練(生活訓練)事業サービス

 生活するために必要なことを練習し、地域の中で自立して自分らしく楽しく暮らすことを目指します。

「ワークショップ八代」 の行っている活動

 ワークショップ八代は、多機能型サービス提供事業以外にも様々な活動を行っています。

1. まちの駅活動

 「まちの駅」とは、“誰でも気軽に立ち寄ることができ、施設(工房・商店・農園など)を見学したり、あるテーマについて話を聞くことができ、そこで休憩したり、地域周辺の情報を手に入れることができる場所” です。
 ワークショップ八代は、日本の町や村の情報発信基地である「まちの駅」の一つとして、駅名:「てのひらのぬくもり駅」として活動しています。この駅名は、てのひらのぬくもりを伝えたい、多くの人が立ち寄る場所にしたい、という気持ちをこめた名前です。

2. NPO法人 ウェルフェア・エコロジー(略名:WE)活動

 「NPO法人 ウェルフェア・エコロジー」とは、“八代地域において福祉事業や環境保全事業を行うことで、地球温暖化防止等の推進と啓発、また雇用促進を図ることを目的とした団体” です。八代地域の福祉施設や一般企業も参加し運営しています。
 ワークショップ八代は、WEの一員として、
   ・ 「ペットボトルのリサイクル作業」
   ・ 「ウエスの分別作業」
   ・ 「本町アーケードのダンボール回収」
   ・ 「環境フェスタ」
 などの活動に参加しています。

3. セルフ・ヘルプ・グループ活動への支援

 施設利用者の方々が活動するセルフ・ヘルプ・グループ仲間会」の活動支援を行っています。